無理なく簡単!スロージョギングのスゴイ効果

スロージョギングがNHKの「ためしてガッテン」で紹介されてから、スロージョギングに興味を抱いている方が多いですね。


普段運動していない人が、いきなりジョギングすれば、心臓や体に負担がかかってしまいます。

まずはスロージョギングからスタートし、体に無理のない運動から始めてみるのも良いのではないでしょうか。


スロージョギングの方法ですが、基本は、ゆっくり走るということがポイントです。

例えでお話しますと、誰かと一緒にスロージョギングするのなら、最後まで、お話しながら走れるという程度のペースです。


ゼーゼー、ハーハーでは単なるジョギングです。

スロージョギングでは、走る時は前のめりの体勢で、地面を蹴らないように走るのです。


ジョギングでは、速筋という筋肉を使用しますが、スロージョギングでは、速筋を使わないように走るという点で、ジョギングとの違いがあります。

疲れたら歩いても構わないです。


またスロージョギングは、一日30分から40分ぐらいを目安に走ることが良いです。

歩くのと同じぐらいのペースでも良いのです。


スロージョギングもジョギングと同じく、有酸素運動になり、健康面においてもダイエットとしての効果も十分スロージョギングで期待できます。


スロージョギングは無理なく、簡単にできる健康法ですね♪
 
 
 
 
 

スロージョギングで楽にできる健康とダイエット

スロージョギングは、痩せることを目的にしたダイエットや、健康を目的に走ろうとしている方におすすめのジョギング法です。


スロージョギングの方法は、ただゆっくり走る。

コレだけです^^

コレだけのスロージョギングなのですが、
その効果は、血糖値が下がったり、脳が大きくなるなど、たいへん良い効果をもたらします。

また、スロージョギングは疲れずに走れるということからも、お年寄りの運動としても適しています。


このようなにスロージョギングは、無理なく簡単に健康になれます。

さらにジョギングをするより、スロージョギングの方が1.6倍ものカロリーの消費が期待でき、痩せることを目的にしたダイエット方法の一つとしても効果があると言えます。


スロージョギングを続けているうちに、だんだん体力がついてきて、最初はわずか何百メートルが限界だったという方も、何キロ単位で走れるようになってきます。

多少のスピードアップがあったとしても、疲れないで走ることができてくるようになります。


しかし、スロージョギングとは、ゆっくり走ることで、速筋という筋肉を使わず走ることが目的ですから、あまりスピードアップさせてしまうと、速筋を使うことになり、ジョギングと同じになってしまいますね。


痩せるダイエットあるいは、健康にダイエットを目指すのであれば、ジョギングにならないよう、スロージョギングであることを忘れないで走るのも良いでしょう。


 
 
 
 
 


スロージョギングの効果的な走り方

スロージョギングを試されたい方で、どのように走ればいいのかわからないという方も多くいらっしゃるようです。

ここでスロージョギング走り方の詳しくお話しましょう。



まず、スロージョギングの基本は、ゆっくり走るということです。

ジョギングとの違いは、使う筋肉が違うということです。


つまり人間の筋肉には、速筋と言われる、いわゆる瞬発力に適している筋肉と、遅筋と言われる、持久力に適している筋肉があります。


ジョギングは、この速筋という筋肉が使われるので、疲れやすいのです。


スロージョギングは、この速筋を使わないないで、ゆっくり走るということが目的ですので、疲れにくく、無理なくできる有酸素運動です。

楽に健康なりながら痩せるダイエットとして若い方からお年寄りまでの運動として適しています。


スロージョギングの効果的な走り方のポイント♪

・背筋を伸ばす
・前傾姿勢
・ずっと話をしながらでも走れるぐらいのゆっくりペース
・地面は押すように走る

以上のポイントを意識しながらスロージョギングを実践してください^^

また疲れたら、無理せず歩いて下さい。

スロージョギングは一日30分程度〜40分を目安にすると良いです。


普段から運動していなかった人がいきなり走ると、筋肉痛になったり運動そのものが嫌になる事が多く、ダイエット失敗などということもありえますよね。


ダイエットや健康を目的に走るには、なによりも持続が大事ではないでしょうか。


疲れず、楽しみながらダイエットなどができるのであれば何よりでしょう。

ぜひ、スロージョギングで健康にダイエットしてみませんか。

 
 
 
 
 


スポンサードリンク

プライバシーポリシーについて